funeral

納骨の容量

「納骨堂」とは、一般的に遺骨を骨壷に納め、それを安置する場所の事を指します。それぞれ、納められる遺骨数には、個人のもの、夫婦で納められるもの、家族で納められるものなど様々なタイプがあります。

Continue Reading »

墓の基礎知識

いつの時代も、ある程度の年齢になると自分のお墓について考えることになるのです。入るお墓が決まっていればまだいいのですが、これからさがす人は、容易ではありません。

Continue Reading »

丁寧に扱う

遺品には亡くなった人の思いがこもっていますので、たとえ処分するしか方法がなかったとしても、丁寧に取り扱って欲しいと考えるのが当然です。丁寧な対応をすることができる業者に依頼をしましょう。

Continue Reading »

代行業者を頼む

現在日本の社会様式はさまざまなものになり、生活や暮らしも人それぞれです。ですからサービスも実にいろいろなサービスがでてきているのです。その中でも注目されているサービスが、お墓掃除の代行サービスなのです。

Continue Reading »

業者ができること

温かみのある葬儀を東京で挙げるならぜひこちらに依頼を。丁寧で真心のこもった対応をしてもらえますよ。

遠方に住んでいる方が残したものは遺族で片付けるのは難しいです。遺品整理を名古屋の業者に依頼して、買取をしてもらいませんか?

直葬の場合の注意すること

葬儀には様々なプランがあり悩んでしまう方も多いものです。当然ながら経験が少ないということもあり、分からないことばかりで戸惑うものです。 どのようなプランがあるのか、近年の葬儀プランについて考えてみましょう。 まず、火葬式、1日葬という、葬儀を執行わなかったり簡略化したりする新しいタイプのお見送りです。 火葬式とは通夜、葬儀、告別式などを行わずに火葬のみで送るタイプで、一般的には直葬という言葉で呼ばれていることが多いです。 また日本では、死後24時間は火葬できないという法律なので、故人の遺体の保管場所を確保しておく必要があります。 それから、お付き合いのある菩提寺がある方は、お寺に話を通しておかなくてはならないでしょう。 葬儀を行わない旨をお伝えして、最後のお経をあげてもらいたい場合は火葬場に来てもらえるよう、事前によく相談しお願いしましょう。

家族葬と一般葬の違いについて

家族葬は費用が少なくて済むが香典も少ないため、葬儀費用の殆どを負担しなければならなくなります。 身内だけなので、ゆっくりとお別れの時間を過ごすことができます。 参列する人数も予測しやすいので、無駄がありません。 しかし、葬儀後に参列しなかった方々の弔問の対応で、日常生活に支障をきたす場合がでてきます。 また、身内だけで済ませたことに対して、周囲からの理解が得られないことがあるなどのデメリットもあります。 一般葬は、規模が大きいと費用がかかりますが、香典収入で負担を抑えられます。 多くの方々に見送ってもらえる事で遺族が励まされますし、葬儀後に弔問対応などの煩雑さが軽減されます。 しかし、大勢の参列者への気遣いなど慌ただしいため、ゆっくりお別れができなかったということもあります。 それから、参列者の人数の予測ができないため、無駄な出費が出てしまう場合はが多々あります。 家族葬、一般葬、共にそれぞれの良し悪しをよく考えて自分に合った葬儀を執り行えるようにしましょう。